サステナビリティの取り組み

基本的な考え方

TPRグループは、「優れた技術と価値ある商品の世界への提供を通じて、クリーンでクオリティの高い地球社会の実現に貢献する」ことを企業理念とし、社会課題の解決に取り組んでいます。

そして、これらの活動を体系的に推進することを狙いに、サステナブル経営の推進体系を策定、マテリアリティを設定し、全社で取り組むことにより、持続可能な社会の実現に貢献するとともに、企業としての持続的な成長を目指します。

サステナブル経営の推進体系 サステナブル経営の推進体系

取り組みの推進体制

環境・品質・安全といった各種会議体を通じて、様々なサステナビリティに関する課題に取り組んできているなか、その活動をより体系的に推進することを目的として「サステナビリティ推進会議」を設置し、重要課題や各種方針の設定、活動の方向づけ、活動状況のフォローおよび取締役会への報告などを行い、活動を強化します。

重要課題(マテリアリティ)の設定

サステナビリティの重要課題(マテリアリティ)については、以下のプロセスで設定し、全社でしっかりと取り組みます。

マテリアリティ設定プロセス

  • SDGsの17の目標を活用し、各部門が事務局と連携し、部門のKPIを設定。
  • STEP1で設定したKPIにつき、TPRにとっての重要性、およびステークホルダーにとっての重要性の両軸からマッピングし、各項目の重要度を判定、マテリアリティを特定。
  • 特定したマテリアリティをサステナビリティ推進会議で審議、承認。

サステナビリティ

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。