品質管理

品質方針

わたくしたちは、企業理念のもと、最高品質を追求し、世界一よいものを、世界一多く、早く、安くつくる事により、TPRグル-プの信頼とお客様満足度を継続的に向上します

品質ウェイ(行動指針)

品質管理システムを基軸として、4つの行動指針により業務を遂行しています

  1. 現地現物(科学的アプロ-チ)
    品質スキルを高め、科学的アプロ-チをする
  2. 継続的改善(ハ-ド&ソフト)
    ハ-ド&ソフト改善を継続して、製品品質・業務品質をスパイラルアップしていく
  3. 自工程完結(後工程はお客様)
    自工程で問題を解決し、良品のみを後工程に流す
  4. 全員参加(自立性)
    問題や課題は、全て自分事と捉え取り組んでいく

品質管理推進体制

品質管理推進体制

TPRの品質活動推進体制

当社の品質マネジメントは社長統轄の下に全社品質保証会議・グロ-バル品質保証会議を中心に推進しています。全社品質保証会議ではTPR役員、各拠点長および品質管理部門が参加して、各拠点毎に活動に対する取り組み結果と重点施策を報告して、改善に取り組んでいます。

また、グロ-バル品質保証会議では、海外拠点の品質基盤強化のために開催しており、TPRの拠点は世界共通を目的に取り組んでおります。この二つの会議を基軸にTPRグル-プの信頼とお客様満足度を継続的な向上を図っています。

品質マネジメントシステム

TPRグル-プでは、国内のすべての製造拠点において、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001認証を取得しています。

また、パワ-トレイン部品製造拠点の長野工場、岐阜工場およびTPR工業では、自動車産業品質マネジメントシステム IATF16949も取得しています。

TPRの近年の取り組み

近年のグロ-バル化に伴い、海外拠点製造へのシフト化が顕著になっているのは、TPRグル-プでも同様であります。いち早くこの動きに対応するため、グロ-バル最高品質の実現に向けて、海外拠点の品質基盤を強化し、地域No.1を目指す取り組みを展開してきました。
その取り組みの基軸となるのが、グロ-バル品質保証会議の開催であります。

グロ-バル品質保証会議の目的

  1. 国内品質取り組みを統一して展開する
  2. ナショナルスタッフのスキルアップ・育成を積極的に支援する
  3. 国内拠点のマザ-機能を強化する → 海外拠点への支援強化

グロ-バル品質保証会議で行っていること

  1. 1回/年に開催し、国内・海外全拠点が国内の一拠点に集結する → ナショナルスタッフが主役
  2. 各商品グル-プ毎の分科会実施 → 同一商品製造の各拠点毎の取り組みを参考に相互に研鑽
  3. 全体会議 → 全拠点毎の取り組みを参考に相互に研鑽
  4. 社長によるトップフォロ- → 統一展開として周知する

グロ-バル品質保証会議における活動の組織

グロ-バル品質保証会議における活動の組織

TOPICS

トヨタ自動車様より2020年 品質管理優良賞受賞

TOPICS

また、各社様からも品質表彰を受賞しております。

サステナビリティ

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。