TPR

  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • Chinese

当社の技術

環境にやさしい商品の提供について

私たちの生活を豊かにしてくれるクルマ。その動力であるエンジンにはさまざまな課題があります。 なかでも、限りある資源を有効に使い,また地球温暖化に歯止めをかけるための低燃費化、健康や環境の被害を防ぐための排出ガス規制対応、アルコール燃料や天然ガスなどの代替燃料への対応は、最重要課題です。
TPRはこれらの課題に貢献する商品を提供するため、これまで培ってきたノウハウと独自の技術を結集し、環境にやさしい商品づくりに日夜努力しています。

1: 低燃費対応技術

低燃費エンジンを実現するには、エンジンの摩擦損失低減が必須です。その心臓部であるピストンの上下運動を、ピストンとシリンダライナの間で支えているのがピストンリング。
TPRは、理想の形状・素材・表面処理を追求し、高温・高圧の厳しい環境でも少ない摩擦で作動するピストンリングを開発しています。
薄幅・低張力1.5mm 2ピースオイルリング
摩擦を小さくできると、摩擦損失が低減され、エンジンの低燃費化に貢献できる。

TOP外周偏心パレルの紹介ページ

2ND外周最適化の紹介ページ

SR外周AB-1の紹介ページ

2: 排ガス規制対応技術

排出ガスをよりクリーンにするために、EGRや排気ガス後処理装置が採用され、エンジンの燃焼環境や潤滑環境は変わってきています。
これに対応し、TPRでは従来のPVDコーティング技術に加えてDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティング技術をいち早く量産化し、耐久性を向上させたピストンリングを提供しています。またピストンリングの精度向上によってガスシール機能を向上させ、排ガスのクリーン化に貢献しています。

PCF03の紹介ページ

3: 代替燃料対応技術

地球規模でのCO2排出削減のため、アルコール系燃料や天然ガスといった代替燃料が使用されています。代替燃料は腐食性が強いものもあり、燃焼室回りの部品の使用環境が変わります。
TPRでは、これまでのノウハウを結集して表面処理・材料の開発を行い、代替燃料に対応する商品をタイムリーに提供しています。

4: メンテナンスサイクル長期化対応による資源の有効的な活用

当社の製品は、エンジン内の潤滑油の消費量削減技術及び劣化した潤滑油への対応技術の採用により、メンテナンスサイクルの長期化に対応しています。
これにより、潤滑油の追加や交換の頻度を抑えることが可能となり、限りある資源の有効的な活用を実現しています。

SR外周AB-1の紹介ページ

SR内周レーザーNL-1の紹介ページ

気密性向上リング3CP-Oの紹介ページ

スペーサ撥油コートNS-1の紹介ページ

TOP外周偏心バレルの紹介ページ

スペーサ新形状Tx-3の紹介ページ

2ピースオイルリング窓ピッチ小の紹介ページ

ページトップへ戻る